水素水の飲み方・飲むタイミング

水素水とは、水素分子を豊富に含む水のことです。水素の特徴は高い抗酸化作用です。抗酸化物質は、細胞をさび付かせて老化の原因となる活性酸素の影響から体を守る力があります。
活性酸素が発生しやすいタイミングは運動後です。人間は普段呼吸をしていても、取り込んだ酸素のうち数パーセントが活性酸素に変わっています。運動をすると酸素を取り込む量が増え、酸素消費量も増えるため、普段よりも活性酸素が大量に発生します。そのため、運動前や運動後に水素水を摂取することをおすすめします。また、運動後や運動後の水素水摂取は、汗によって失われる水分の補給にもなります。
ストレスを強く感じたときも水素水を摂取するタイミングです。ストレスを強く感じ続けていると活性酸素が発生をします。この活性酸素に対抗するために、水素水を摂取することをおすすめします。ストレスを感じたとき、ストレスを感じると予想されるときなどに飲むとよいでしょう。
水素は非常に小さな分子で、体内からすぐに抜け出てしまいます。そのため、一度に大量に摂るよりもこまめに摂ることが上手な摂取方法です。運動前後やストレスを感じたとき以外にも、日常的にこまめに摂取をするとよいでしょう。
水素は加熱しても抜け出てしまうため、白湯やお茶など温かいもので摂るのではなく、冷やしたものや常温で摂るようにします。また、容器に入っているものはフタを開けたままだと水素が抜け出てしまうので、開封後に飲みきれない場合はフタをきっちり閉めて保管をします。保管は高温多湿、直射日光を避けて行います。コップに入れたものは、残った分を放置していると水素が抜けて普通の水になってしまうので、コップに入れた分は飲み切るようにします。
水素発生器があれば、いつでも水素を豊富に含む水を飲むことができます。タンプラー型のものだと飲む分だけを作りだせ、また持ち運びをしやすいです。たくさん飲むときには、サーバータイプを自宅や職場などに設置しておくと便利です。