水素水のおすすめな飲み方

水素水の力を得るためには、飲み方や飲むタイミングにポイントがあります。

呼気中の水素濃度がピークになるのは、水素水を摂取してからおよそ10分経ってからです。水素は小さな分子ですぐに体から抜け出ていってしまい、1時間ほどで呼気中の水素の濃度が飲む前と同じくらいになります。

水素水を飲む女性

呼吸をして取り込んだ酸素のうち一部が活性酸素に変換されていて、常に体内では活性酸素が発生しています。

水素には体内で発生する活性酸素を無害化する働きがあります。そのため、美容や健康維持のために飲む方が多くいます。常に活性酸素が発生しているので、こういった働きを期待するなら体内の水素濃度が常に一定に保たれているようになるような飲み方をするとよいでしょう。

1時間ほどで呼気中の水素濃度が飲む前と同じほどになるので、1時間に1回ほどこまめに摂取するようにします。一度に大量に摂取をすると体が水分を吸収しきれないので、少しずつ飲むようにしましょう。

普段の飲み物+水素水では水分摂取量が多くなりすぎてしまうので、普段飲んでいるものを水素水に変えるようにします。飲むものを変えるだけなので簡単に実践できます。

こまめに飲むときに気をつけて欲しいことが、コップに入れたまま放置しないことです。フタをせずに水素水を放置していると水から水素が抜けていき、水素濃度が低下をします。容器に入っている水素水なら、飲むたびにコップに移し替えるかそのまま飲むかして、容器のフタをしっかりしめるようにします。

どのタイミングで飲んでもよいのですが、おすすめは活性酸素が発生しやすいタイミングです。ストレス、紫外線、睡眠不足、食品添加物などは活性酸素の発生量を増やします。水素には抗酸化作用があるので、こういった活性酸素が発生するタイミングの前後で飲むと、水素が力を発揮してくれることが期待できそうです。外で運動するとき、寝不足の朝、プレゼンなどストレスを感じやすいときなど、水素水を活用してみるとよいでしょう。

 

PR|生命保険の口コミ.COMクレジットカードの即日発行じゃけん健康マニアによる無病ライフマッサージのリアル口コミ.com英語上達の秘訣ダイエットチャレンジ会社経営に必要な知恵袋ゴミ屋敷解消Q&A新築一戸建てを建てる時に読むサイト英会話ノウハウ勉強会